So-net無料ブログ作成

ジューサーの搾りかすの使いみち [料理]

捨てたらダメー!

ジューサーで野菜などを搾った後の搾りかす、
捨てるのはもったいない。

私の使いみちは次の3つ。

・愛犬のごはんにまぜる

・料理に紛れ込ませる

・土と混ぜて肥料にする


   ◆

ワンちゃん達はにんじんが大好き。
搾りかすでも
全然文句言わずにパクつきます。

ただし!
オレンジやレモン、はっさくなどの柑橘系フルーツはだめですよ。
にんじんジュースを作った時にレモンを入れたのですね、
それをすっかり忘れてしまって
ごはんにふりかけたら

それっ、ごはんだようれしいと近寄ったワンちゃん達、
ビックリしていっせいに飛び退き
名残惜しそうにごはんを後にしたのでした。


   ◆
ジュースを作ると
思っていた以上に大量に搾りかすが出ます。

すべてを料理に使おうなんて考えると
使い切れなくて

もう、ジュース作らないとなっちゃいますから。

それにいっくらもったいないといっても
搾りかすが素材そのものと同じように
美味しいわけない。

だっておいしい部分は
ジュースになっているのですからね。

上手に使うコツは
ほんの少し紛れ込ませる、です。

ハンバーグに少し、チャーハンに少しというように。
入れ過ぎたら美味しくありませんよ。


   ◆

土と一緒に搾りかすをまぜて
家庭菜園で野菜づくりの肥料にします。

黒いポリ袋に土と搾りかすを入れてかき回し、
そこに発酵を早めるために
納豆パックを水で洗って一緒に入れたり
米ぬかをふりかけたりしてしっかりとポリ袋を縛って
堆肥になるのを待ちます。

そんなの面倒という方は
土に30センチほど穴を掘って
搾りかすを入れて混ぜて堆肥になるのを待ちます。

搾りかすを捨てたらただのゴミですから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます